基礎体温が急降下すると憂鬱になる

結婚4年目 アラサー アマチュア社畜&主婦の躁鬱 体外受精にチャレンジ中

2017.11.5 22日目 36.85℃ 移植前日



明日の昼は

いよいよ移植です。

1周期が回るのははやいし、

いつ終わるのかわからなくて、

まっくらでまっくろな気持ちになります。


この周期はSEET法に

チャレンジしています。

病院によっては二段階移植といって初期胚をいれ子宮内膜に信号を送って、その後胚盤胞を移植するみたいですが、

通っているクリニックでは移植する胚は1つという方針をとっているため、初期胚の代わりに培養液、SEETを注入して確率をあげるそうな。


移植2日前にあたる昨日は、

SEET液を注入しました。

そのとき子宮内膜は10.8mm。

もっとフカフカになるといいな…。


6月から短時間勤務で通院しながら

会社員をやっています。

8時間勤務から6時間勤務にしています。

もちろん給料は25%オフ。

だけど残業代は込み。

仕事の内容的には、、

営業的な動きもするし、編集?ライターのような動きもします。

レストランでいうと、ホールもやるキッチンスタッフ。

繁忙期の今は6時間の中に収められず、残業ばかりです…

さすがに明日はやすみますが。。


その一方で

年下だけど、社歴が

わたしより先輩の女の子が

先月末で産休に入りました。


今年の4月で結婚式を挙げて

すぐの妊娠。

短時間勤務にせず、フルタイム勤務で産休までの半年間、部署内の人たちと、業務をシェアしながら職務を全うしていました。


全部わたしがやりたかったやつ。


本当は結婚してすぐ子供が欲しかった。1年は2人の生活を楽しもうといわれた。

あのときもっと主張して、

妊活をはじめていれば。

流れたとき、

積極的に病院を探していれば。


もっと早く、治療にとりくんでいれば。


体外受精以外の方法で

授かれたかもしれない。


あるいは体外受精に早い段階で切り替えて、いまごろ自分に子どもがいたかもしれない。


取り返しのつかないタラレバって

わかっていますが、

考えてしまいます。


そんなことをぐるぐると

考えながらも、

いまできることを

やらないといけないのですが。

お給料もらうために仕事もがんばらないと。


人の親になったら

きっと今よりしんどいこともたくさんあるかもしれない。


試練だと思って、もう一度、

がんばります。



きょうのごはん

とりそうめん とりからあげ